スポンサードリンク
レカロシートをオフィスチェアにする方法
不要になったあなたの愛車を高価買取します。
  激安輸入タイヤの欲しい方は他にいませんか?  

名車カタログ > 2代目スカイライン

2代目スカイライン

2代目スカイライン

岡谷市にあるプリンス&スカイラインミュージアムで2代目スカイラインに会いました。

このころのスカイラインくらいから記憶はありますね。

s1

 

 

 

 

 

 

 

 

スカイラインを有名にしたのはレースでの善戦でした。

s2

 

 

 

 

 

 

 

 

1963年9月 スカイライン・デラックス(S50D-I)発売。G1型直列4気筒OHV1484ccエンジンを搭載し、ボディのバリエーションは4ドアセダンとステーションワゴン(W50A-I型)の2種類。

 s3 

 

 

 

 

 

 

 

物々しいフロントグリル、当時はメッキのフロントグリルがはやっていました。

s4

 

 

 

 

 

 

 

こちらはスカイライン2000GT−B

昭和39年5月3日第二回日本グランプリにおいてスカイラインGTがポルシェ904GTSを7周目でとらえ、8周目までリードした。ポルシェがレース専用で650KGしかないのに対し、スカイラインGTは市販車ベースで1100KGもあった。

この驚愕のレースからファンの熱い期待に答えて市販に至った。

ほとんどレース仕様のエンジンはグロリアスーパー6に載せられていたOHCB6気筒・1988ccのG7型エンジンの圧縮比と回転数を上げ、さらにウェーバーのダブルチョーク40DCOE型キャブレターを3連装し、125PSにパワーアップ。 

s5

 

 

 

 

 

 

 

トランスミッションはフロアシフトの5速MTとLSDを標準装備。

0→400m17.0秒。

サスペンションは前ダブルウイッシュボーン、

後リーフ・リジッド。リアにスタビライザーとトルクロッドを装備。

125ps/5600rpm、最高速度180km/hという高性能を誇り、「羊の皮を着た狼」というキャッチフレーズは有名でした。

s6 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
主要諸元
 全長 4,235mm
 全幅 1,510mm
 全高 1405mm
 ホイールベース 2,590mm
 トレッド(前/後) 1,265/1,255mm
 車両重量 1095kg
 エンジン  G7 (直6 SOHC)
 ボアxストローク 75x75
 総排気量 1,988cc
 圧縮比 9.3
 最高出力(ps/rpm) 125/5600
 最大トルク(kgm/rpm) 17.0/4400
s7

 

 

 

 

 

 

 

この当時からの丸型テールランプと三代目に設定されたサーフィンラインは長い間スカイラインのトレードマークでした。

次はいよいよ三代目 ハコスカ 

スカイラインが気に入ったらクリックしてね。

自動車ランキング人気blogランキングへ
 どんどん追加します。応援してくださいね。

 

2代目スカイライン記事一覧

  • 2代目スカイライン
人気blogランキング
人気blogランキングへ

 
人気ページランキング
ブログパーツ
高速道路検索
アクセスランキング
スポンサードリンク
人気ブログランキング
自動車保険無料見積もり
名車カタログ
お勧め相互リンク集
トラックバックピープル
since2006/10/20




RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク

livedoor Readerに登録

RSS

livedoor Blog(ブログ)