スポンサードリンク
レカロシートをオフィスチェアにする方法
不要になったあなたの愛車を高価買取します。
  激安輸入タイヤの欲しい方は他にいませんか?  

名車カタログ > 新車

FT86 富士スピードウエーでデビュー

富士スピードウエーで行われたTOYOTAGAZOO モータースポーツフェシバルに行ってきました。

やはりというか、FT86のお披露目がありました。

東京モーターショーより早くこちらでデビューしました。

多くのプレスが待つ中をサーキットを一周して華々しくFT86のお披露目

トヨタモーターフェシバル_00817富士スピードウエー

さてこの車に乗っていたのは誰でしょう?


トヨタモーターフェシバル_00818富士スピードウエー


ヘルメットを取って表れたのはかの有名な・・・

トヨタモーターフェシバル_00820富士スピードウエー

何を隠そうトヨタ自動車の社長 豊田章夫さまでした。

トヨタモーターフェシバル_00821富士スピードウエー


それにしてもFT86にかける意気込みが感じられますねー




 

ロータス エスプリ新型 かなりえぐいデザイン

ロータスといえば、イギリスの名門スポーツカーメーカー

ロータスという響きだけでガツーンと来てしまいます。



実際にはトヨタ製の5リッターV8エンジンで最高出力620PS,最大トルク73.4kgm

最高速度は300km/h

0-100km/h加速は3.4秒

2013年春の発売予定で価格は約1450万円

デザイン的にはランボルギーニのようだが、ライバルはポルシェ・フェラーリだと言っています。




この動画が面白いと思ったら、クリックしてね ⇒ ロータスエスプリ


人気ブログランキングです。

誰か買ってください。(笑)

 

ロータスエボーラ 日本で発表 5

あの007、ジェームスボンド役のダニエルグレッグも予約注文したという、ロータス・エヴォーラが日本でも発表されました。

ミッドシップの2/2シーターで発売は夏以降で価格は900万円以内にということです。

世界初のミッドシップ2+2になる

エンジンはトヨタ製で3.5リッターV6をロータスがチューンしています。

また、将来的にはコンバーチブルも予定しているらしい。

写真の気になる方はこちらからどうぞ

 

新型 プリウス ティザーキャンペーン 5

新型のプリウスがあの「ブルーマン」の出演でYOUTUBEの動画になっていました。

 

新型プリウスをブルーマンがユーモアたっぷりに紹介してくれています。

面白い演出でいいところでフェードアウトしています(^^;

 

 

記事の詳細は⇒ レスポンスニュース

 

HONDA 次期NSXは生きている? 4

F1の撤退表明したばかりのHONDAがNSXの開発中止も表明しました。
しかし、どっこいNSXは生きている

NSXの写真を発表したのはアメリカホンダの元インターン、レオン・バズ氏


それによると、乗員は2+1の3人乗り、デザインはかなり大胆、


エンジンルームも透けて見える、そしてフロントからリアにかけてA型に絞り込まれて空気抵抗がかなり低いことが予想されます。


このレオン氏はHONDAの米国研究開発拠点、ホンダR&Dに在籍していた元インターンのこの情報が正式なものかどうかは不明です。

デザインスケッチなのでこのまま発売されることはないだろうけど、興味ある情報です。ホンダファンとしてはぜひ、NSXの開発を再開して欲しいところです。


情報の元記事はYAHOOニュースです。


関連情報としてアメリカのスパイビデオにAQURA NSXのテストビデオが写っていました。


この車はNSXというより、S2000に似ていますが、アメリカでの呼び方が違うのかも⇒ スパイビデオ

 

ZENVO ST1

ZENVO ST1

聞いたこともないデンマークのZENVO オートモーティブ社のスーパーカー

ZENVO ST1

zenvo-st1_15

 

 

エンジンはV8

排気量は7000CC!!

このエンジンにターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせて

1104PSというジェット機並みの最高出力でこの1376kgの軽量の車体を時速375km/hまで引っ張る。

 

 

このスピードはすごすぎます。

 

zenvo-st1_6

 

どれくらいすごいかというとデンマークの端から端まで18分で縦断してしまう。

 

デンマークってそんなに狭かったっけ、100kmもないね、計算では

 

全長は4665mmで国産の普通車並み

全幅は2041mmでこれは国内ではかなり幅広いほうです。

全高1198mmです、かなり低いほうです。

 


ホイールベースは3055mm。

車重は1376kg、このエンジンを積んでいるのに軽すぎるくらいです。

zenvo-st1_3

 

 

実車が見ることができるのはモーターショーくらいかな?

 

年間15台の生産台数で価格は5000万円くらいらしい。

 

幻のスーパーカーになりそうですね。

でもZENVOってどんなメーカー?

 

 

 

光岡自動車 卑弥呼

光岡自動車へおろちを見に行ったのですが、

卑弥呼って魅力的な車がおいてありました。

himiko_0562

 

ご覧のとおりの超ロングホイールベース

 

ベース車はマツダのロードスター光岡自動車お得意のボディチェンジです。

 

ロードスターよりホイールベースを700mm長くしたことで車輪を四隅に押しやり、乗り心地と直進安定性を増したものです。

 

光岡自動車独特のカラーを出しています。

 

himiko_0561

 

丸みを帯びたボディは手つくりで生産台数もかなり少なめです。

価格は500万円くらい。

 

エンジンは2000CC で直列4気筒4バルブ、DOHC

 

最高出力は162PSモデルと170PSモデルがあり、これはオートマチックとマニュアルの違いです。

 

この車の詳細は光岡自動車のサイトからご覧ください。

http://www.mitsuoka-motor.com/ 

 

デンマークからスーパーカー ZENVO ST1

デンマークからスーパーカーが出ました。

 

その名はZENVO ST1

スーパーカーを出したのはZENVOオートモーティブ社

 

そのデザインは斬新の一言、デンマークに自動車メーカーがあったなんて知らなかったけど、その性能はすごすぎます。

 

最高出力は1104ps、最高速度は375km/h!!

 

なんてすごい馬力と速度、この速度でデンマークを端から端まで移動するとわずか18分、デンマークってそんなに狭いんだ、最も、横断する前につかまるか事故るかってこともある訳ですが・・・

 

エンジンは7.0L・V8でターボとスーパーチャージャーで過給とありますが、両方つかってるってことかなあ?意味不明でした。

車重の1376kgはこの馬鹿でかいエンジンを積んでいる割には軽い。というか軽すぎてちと不安にもなります。

 

2009年にはデリバリーを開始するそうですが、生産台数は15台、それも手つくりらしい。気になるのは値段ですが、どこにも書いてありません。

かなり高いことは間違いないでしょう。

 

ニュースの参考はレスポンス↓です。

http://response.jp/issue/2008/1219/article118133_1.html

 

フェラーリSP1

フェラーリSP1

更に新しい情報が・・・

AUTO GALLEIA LUCEには2台のフェラーリSP1が展示されているそうですが、

ワンオフでは?

実は一台はクレイモデルらしい

というのは搬入しているところを写真に撮った人がいます。

それによると、ガラスエリアが真っ黒

dscn0448a

 

 

 

これはきっとクレイモデルと実車の展示ですね。

絶対見に行きます。

 

フェラーリSP1

フェラーリSP1の続報です。

名古屋市名東区くにある auto galleriaLUCE  でフェラーリSP1が公開されています。

その写真がこちらで見えます。

http://response.jp/issue/2008/1212/article117765_1.html

すごいかっこいいですね。

明日見に行ってきます。内緒で写真を撮ってこようかなと・・・

 

 

新車記事一覧

  • FT86 富士スピードウエーでデビュー
  • ロータス エスプリ新型 かなりえぐいデザイン
  • ロータスエボーラ 日本で発表 5
  • 新型 プリウス ティザーキャンペーン 5
  • HONDA 次期NSXは生きている? 4
  • ZENVO ST1
  • 光岡自動車 卑弥呼
  • デンマークからスーパーカー ZENVO ST1
  • フェラーリSP1
  • フェラーリSP1
人気blogランキング
人気blogランキングへ

 
人気ページランキング
ブログパーツ
高速道路検索
アクセスランキング
スポンサードリンク
人気ブログランキング
自動車保険無料見積もり
名車カタログ
お勧め相互リンク集
トラックバックピープル
since2006/10/20




RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク

livedoor Readerに登録

RSS

livedoor Blog(ブログ)