スポンサードリンク
   
輸入タイヤの欲しい方は他にいませんか?

ユーザー車検 その2

ユーザー車検の当日です。

まず、自動車損害賠償責任保険(自賠責)に加入する予定でいつもの修理屋さんに行きました。

しかし、工場は開いていても、主人も誰もいません。待っていてもきそうにないので車検場に行って書類を見てもらいました。

まず、重量税を払います。1000KG以上1500KG未満なので37800円を払い、重量税納付書に貼り付けます。

そして、自動車検査票二1400円の印紙を貼り付けます。これは車検場ですべてやっていただけます。

保険に入りたいのだけど、当分戻ってきそうもないのでその間にテスタ場(民間)に行きまして、事前にテストをします。ここで、悪い所をすべてチャックしてもらいます。そして、悪い所は軽く直してくれます。(有料)

まず、サイドスリップ

サイドスリップというのは前輪のアライメントが狂っているかどうか調べます。

最初にゆっくり、サイドスリップのテストラインの前にまっすぐそろえてつけます。

そしてラインに沿ってまっすぐゆっくり進みます。無事通過すると結果が出ます。

OKでした。

次にブレーキテスト

ブレーキテスト

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうにあるのがブレーキテスタこの上に前輪をおいて、合図とともに思いっきりブレーキを踏みます。思いっきりです。ここでは躊躇せずにブレーキを踏みます。

続いて後輪を乗せます。同じように思いっきりブレーキを踏みます。その後はサイドブレーキのテストです。同じように目いっぱいサイドを引きます。

これで、OK 無事通過しました。

続いてスピードチェック。

上の写真の前にあるつるりとしたローラーの上に駆動輪(FFは前輪、FRは後輪)を乗せて、台が下がって合図があったら、40km/h になるまで加速します。

そして40km/h になったらテスタを見ます。テスタの針が40km/hだったらOK

40よりオーバーの場合は42まで、アンダーの場合は不合格です。この車の場合ピッタシでした。実際の車検場では40km/hになったら、パッシングすると言うことでした。このテストに受かるコツは民間のテスタ場で教えてくれます。

さて、明日はヘッドライトのテストと実際に車検場の模様を書きますね。

車検場は撮影禁止なので写真はありませんが、・・・

 

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
激安タイヤ
人気blogランキング
人気blogランキングへ

 
人気ページランキング
ブログパーツ
高速道路検索
アクセスランキング
スポンサードリンク
人気ブログランキング
自動車保険無料見積もり
名車カタログ
お勧め相互リンク集
トラックバックピープル
since2006/10/20




RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク

livedoor Readerに登録

RSS

livedoor Blog(ブログ)